ごはんのあげ方について考えよう!

お問い合わせはこちら

ごはんのあげ方について考えよう!

ごはんのあげ方について考えよう!

2021/02/01

給与量の目安を知ろう!

必要なエネルギーと計算方法

 

今回はわんちゃんへの給与量の目安についてです!

これからわんちゃんを飼おうと思っている方や既に飼われている方も、どのくらいごはんをあげたらいいかわからない・・・という方もいらっしゃるかと思います。

過剰にあげすぎると骨の形成不全や肥満、少なすぎると体重減少や筋肉量が低下したりと難しいことばかりです。

そこで大切なわんちゃんが健康で過ごせるように給与量の目安の簡単な計算方法を知っていただきたいと思います。

 

計算に必要なのが

安静時エネルギー要求量:Resting Energy Requirement (RER)

日当たりのエネルギー要求量:Dairy Energy Requirement (DER)

代謝可能エネルギー:Metabolizablenergy (ME)

という三つのエネルギーです!

他にも多くの種類のエネルギーがありますが、こちらを使います。

 

計算方法ですが、まずは

体重×体重×体重=√√70=と計算するとRER(安静時エネルギー要求量)を算出できます。

次に今出したRERと下記の係数をかけることでDER(日当たりのエネルギー要求量)となります。

  係数
未去勢/不妊 1.6
去勢/不妊済 1.4
肥満 1.2
減量 1.0
安静 1.0
成長 3.0
高齢 1.1~1.4

 

生活環境や運動量、品種や健康状態などの因子によってエネルギー要求量に影響があります。

DERはあくまで目安なので、不安な方は獣医師さんと相談しながら調整してあげましょう!

 

ここまで来たらあと少しです!

給与量の計算方法はDER÷ME(○○kcal/100g)×100=給与量となります。

ME(代謝可能エネルギー)はご家庭であげているフードのパッケージに記載されているものを参考に計算してください!

 

最後に計算方法を順番にまとめると・・・

①体重×体重×体重=√√70=RER

➁RER×係数=DER

③DER÷ME×100=1日の給与量

④1日の給与量÷1日にあげる回数=1回の給与量

となります!

※おやつをあげる場合はごはんからその分の量を引いてからあげてください。

 

百均の電卓でもこの計算ができるので、是非活用してわんちゃんが健康で過ごせるようにしていきましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。